愛媛県立図書館

愛媛県史・目次

               1  通     史

                 (4) 近  世  下

第三章 諸産業の発達

 第一節 新田開発…………………………………………………………………………………………3
   一 初期の開発…………………………………………………………………………………………3
     1 中予地方の河川改修と新田…………………………………………………………………… 3
        開発の世紀   太閤検地と新田   古新田   重信川の改修と新田
        足立重信の石手川改修   重信川・石手川沿いの新田   志津川出
        作   中野・高井河原分の開発   松前の廃城と新田    風早郡の
        桧垣新田   本田・新田と改畝
     2 東予地方の河川改修と新田……………………………………………………………………25
        加茂川改修と足立重信   総社川と今治城下  東予の新田    西
        泉新開   半弥新開   水没した泉新田   近江屋新開と花屋新田
        多兵衛新田、恵美須・大黒新田   氷見新開と日野新兵衛   小松藩
        の新田開発   今治藩領越智郡地方の開発  今治藩領越智郡島方
        の開発   松山藩領周布・桑村郡の開発   松山藩領越智郡の開発
        松山藩領野間郡の開発
     3 南予地方の新田畑開発…………………………………………………………………………44
        新畑中心の開発  10万石高直しと新田畑高編入    山田組の水源
        開発   中山池築造と立間尻浦開発  三浦為国と颪部村    宇和
        島城下町地先の干拓   鰯網と新浦開拓   近家塩田
   二 開発政策の転換と後期の開発……………………………………………………………………56
     1 天災の頻発と開発政策の転換…………………………………………………………………56
        災害の頻発   開発政策の転換   開発政策の復活
     2 松山新田藩の廃止と御償新田・高外新田…………………………………………………… 60
        松山新田藩   御償新田   高外新田   浜村の居屋敷新畑の開発
        塩屋新田の開発   大可賀新田
     3 西条藩の塩田開発と禎瑞新田…………………………………………………………………68
        黒島前干潟と深尾権太夫   天野喜四郎開発を継承   享保の大飢
        饉と多喜浜   天野家の開発継承   北浜   禎瑞新田
 第二節 農業生産の展開……………………………………………………………………………… 75
   一 農業技術の改良………………………………………………………………………………… 75
        農具の発達   肥料の多様化   病虫害の防除
   二 農業生産の発展………………………………………………………………………………… 78
        米作   畑作物   甘蔗と製糖   綿作   煙草と茶   他の商品
        作物   牛馬の飼育  初期の養蚕    養蚕の奨励
 第三節 林業・水産業の展開 ………………………………………………………………………… 92
   一 林野制度の確立………………………………………………………………………………… 92
        山林の所有   宇和島藩の林政   西条藩の林政   林野の保護
        植林の進展
   二 林野の利用……………………………………………………………………………………… 98
        分一と運上   用材の生産  薪炭の積承出し   椎茸の生産
        入会と山論   木地集落  鉄砲と猟師
   三 漁村と漁業制度の確立 ………………………………………………………………………… 107
        漁村の成立   漁村の支配  宇和島藩初期の漁業制度   西条藩
        の漁業制度   漁業政策の転換   宇和島・吉田藩   宇和海の鰯
        漁   鰯網の経営  燧灘の鯛漁
   四 漁業と漁業生産 ………………………………………………………………………………… 118
        漁場漁民の保護  紛争と取り締まり    燧灘の紛争   俵物の生
        産   養殖と加工  鯨漁   川漁   水産物の流通   魚市場
   五 塩田経営の推移 …………………………………………………………………………………128
        塩浜の支配   塩田の経営  休浜の仕法   浜地主と小作   石
        炭の使用   塩の流通  浜子の労働
 第四節 産業の発達…………………………………………………………………………………… 139
   一 諸藩の興業政策 …………………………………………………………………………………139
        初期の生産   国産仕法の強化  専売制の強化
   二 綿織物業の展開 …………………………………………………………………………………141
        綿織物業の成立   綿替木綿  松山の伊予縞   南予の綿織
        今治藩の専売   松山藩の専売  川之江の綿会所
   三 櫨 と 蠟…………………………………………………………………………………………150
        唐櫨の生産   櫨実の専売  製蠟業の展開   宇和島藩の蝋専売
   四 製紙業の発展 ……………………………………………………………………………………156
        楮と紙の生産   大洲藩の和紙  後期の専売制    松山・今治藩
        宇和島藩の専売
   五 鉱業と窯業……………………………………………………………………………………… 164
        鉱業の概要   諸銅山   市之川の輝安鉱   小松藩の専売   小
        大下島の石灰   高山浦の石灰   菊間瓦の生産   瓦株の移動
        他領への進出   陶磁器の生産   砥部焼の創業  砥部焼の経営
   六 別子銅山の開発と稼行 …………………………………………………………………………180
        別子銅山の発見   開坑と繁栄    第2次開発   立川銅山の併合
        銅山の稼行   鉱山の労働   幕末の別子   維新期の混乱  土
        佐藩の接収と別子の再建
   七 その他の工業 ……………………………………………………………………………………196
        酒造の統制   後期の酒造業   油の生産   油座と取り締まり
        桜井の漆器
 第五節 交通の発達…………………………………………………………………………………… 205
   一 交通政策の転換………………………………………………………………………………… 205
        初期の政策   諸藩の施策   道路対策
   二 街道と宿駅……………………………………………………………………………………… 209
        一里塚と並木    主要街道   藩内の道路   宿駅と旅篭   本陣
        伝馬と駄賃    駄賃稼ぎ   番所と取り締まり     南予の番所
        通信と飛脚    領内の連絡
   三 海上交通…………………………………………………………………………………………227
        海運の統制   船舶の取り締まり   船手組と水主   松山藩の水
        主役   航路の整備   船舶の発達  港湾の整備   松山藩の港
        湾   回船と船稼    米麦の移出  西条藩と小松藩   松山領の
        海運   今治領の海運   海難
   四 河川の交通 ………………………………………………………………………………………253
        河川の利用   肱川の水運   河川の渡し   橋梁
   五 交通の諸相 ………………………………………………………………………………………257
        幕吏の通行   巡見使の通行   伊能忠敬の測量   遊行上人の回
        国   参勤交代   参勤の順路   西条・小松藩の参勤    大名の
        軍役   領主・代官の回領   庶民の旅   社寺参詣    四国遍路
        旅日記

第四章 文教の発達

   一 東予諸藩 …………………………………………………………………………………………286
     1 西条藩における儒学の発展と択善堂 ……………………………………………………… 286
        松平頼渡と山井崑崙   択善堂の概要
     2 小松藩養正館と近藤篤山 …………………………………………………………………… 289
        竹鼻正脩と小松藩政   培達校より養正館へ    近藤篤山の略歴
        近藤南海と同簣山
     3 今治藩における学問の勃興と克明館…………………………………………………………293
        松平定房~同定陳と儒学  文武奨励の必要性    克明館の創立
        幕末における教学の振興
   二 松 山 藩 ……………………………………………………………………………………… 296
     1 文教政策と学問の導入……………………………………………………………………… 296
        松山文化の誕生   藩政における儒者の登場    享保一明和年間の
        趨勢
     2 文武の奨励と儒学各派の隆運 ……………………………………………………………… 299
        蘐園学派の登場   古学派の隆盛
     3 藩校の萌芽…………………………………………………………………………………… 301
        学問所興徳館の設立   三省館の創設と宮原竜山
     4 明教館の設立………………………………………………………………………………… 303
        藩校設立の進捗   教学の方針   明教館の構造と職員   朱子学
        の隆盛   心学の普及
   三 南予諸藩 …………………………………………………………………………………………307
     1 大洲藩の教学振興と明倫堂止善書院 ……………………………………………………… 307
        儒学の黎明期   石王塞軒の来洲    三輪執斎と陽明学の隆盛
        川田雄琴の来洲   明倫堂止善書院の開講    川田資哲・資敬
        常磐井厳戈と矢野玄道
     2 新谷藩における求道軒の消長 ……………………………………………………………… 316
        好学の気風と求道軒   求道軒の再興
     3 宇和島藩の明倫館拡張と蘭学の発展……………………………………………………… 317
        伊達村候の奨学と内徳館   施設の拡大による敷教館    明倫館の
        規模拡大   伊達宗城と蘭学
     4 吉田藩の時観堂と国学の発展 ………………………………………………………………323
        藩校時観堂の誕生   吉田藩の国学

第五章 村の生活

 第一節 近世村落と生活 ………………………………………………………………………………329
   一 農村統制と負担 …………………………………………………………………………………329
        近世農村の成立と分立   農民の階層と身分   庄屋    その他の
        村役人    5人組制度と宗門改め   検見と接待    過重な農民の
        負担   定免制の実施   年貢未納者
   二 村の生活 …………………………………………………………………………………………367
        農耕仕つけ   農間稼ぎ   衣類に対する規制     風紀と取り締ま
        り   食生活   行事と献立    住居   分家
 第二節 災害と飢鐘 ……………………………………………………………………………………396
   一 享保飢謹…………………………………………………………………………………………396
        享保飢謹と人口の推移   特異な気象状況   麦の凶作   稲の植
        えつけと長雨・洪水    稲虫とウンカ     ウンカの異常発生と幕府
        への注進  ウンカによる虫枯れの進行     ウンカの防除法   藩
        としての当面の急務  損毛高の注進と取箇     拝借金の貸与
        米価の高騰  藩の飢人救済  幕府の回米    年貢納入状況の実
        態   餓死者と死亡状況  供養塔
   二 義農作兵衛 ………………………………………………………………………………………459
        松前周辺の餓死者  義農作兵衛の事績    作兵衛の顕彰
   三 天明飢謹…………………………………………………………………………………………466
        洪水の頻発   損毛高  飢謹の進展と藩の対応
   四 天保飢饉 …………………………………………………………………………………………475
        霖雨と冷夏   損毛状況   藩の救済策と米価
   五 地   震 …………………………………………………………………………………………485
        近世伊予の大地震   宝永4年の大地震   嘉永7年の大地震
        安政4年の大地震
 第三節 備荒貯蓄 ………………………………………………………………………………………493
   一 松山藩の備荒貯蓄……………………………………………………………………………… 493
        安井右内備荒の必要を説く   松山藩の備荒対策   備荒政策の成
        果   備荒制度発足の背景  久万凶荒予備組合
   二 大洲藩の備荒貯蓄……………………………………………………………………………… 499
        村貯え   郡中貯
 第四節 百姓一揆 ………………………………………………………………………………………505
   一 前   期………………………………………………………………………………………… 505
     1 江戸初期の一揆 ………………………………………………………………………………505
        百姓一揆の形態   伊予国における一揆と地域性   前期一揆の特
        質   前期初頭の一揆
     2 小山田騒動 ……………………………………………………………………………………509
        紛議の勃発  庄屋の反駁書    紛争の結果
     3 大保木山騒動………………………………………………………………………………… 513
        山村の悪条件と農民の苦難   西条藩の一揆処分   大保木騒動の
        意義   寛文年間の一揆   貞享一享保年間の一揆   久万山騒動
二 後   期 …………………………………………………………………………………………519
        後期百姓一揆の形態
     1 内ノ子騒動…………………………………………………………………………………… 520
        騒動の原因   浮穴郡農民の村出   折衝と回答
     2 寛延一天明年間の一揆 ………………………………………………………………………524
        西条3万石騒動    多田組騒動   宮窪騒動から下川騒動へ
     3 吉田藩紙騒動………………………………………………………………………………… 528
        土居式部騒動   吉田紙騒動の発端   農民の嘆願書提出  宇和
        島藩領へ逃散   宇和島藩の調停   吉田紙騒動の意義
     4 寛政一文政年間の一揆……………………………………………………………………… 534
        中津川騒動と波方騒動等    大洲藩紙騒動と奥野川騒動   高瀬騒
        動と富野川騒動   片川・次ヵ川騒動    伊方浦騒動と二見浦騒動
     5 野村組騒動 ……………………………………………………………………………………539
        騒動勃発の誘因   庄屋側の返答書    年行司から庄屋への要求
        年行司から代官への願書
     6 天保一慶応年間の一揆 ………………………………………………………………………542
        田所・柳沢騒動と宇和川騒動    大瀬騒動と桑村騒動   伊予国百
        姓一揆年表

第六章 町の生活

 第一節 町人生活 ………………………………………………………………………………………551
   一 町の形成と構造 …………………………………………………………………………………551
     1 松山城下町…………………………………………………………………………………… 551
        町人町の建設 古町分の形成     外側分の町人街の形成   町組
        と町の区分  元禄7年の職人・商人      天明4年の職種別軒数
     2 今治・大洲・宇和島の各城下町 ………………………………………………………………562
        今治城下町人町の形成と発展    大洲城下町人町の形成   宇和島
        城下町人町の形成
     3 陣屋町の形成 …………………………………………………………………………………569
        川之江陣屋町   西条陣屋町   小松陣屋町   新谷陣屋町   吉
        田陣屋町
     4 伊予八藩の在町……………………………………………………………………………… 572
   二 町方支配と自治体制…………………………………………………………………………… 575
        町奉行   町役人    松山城下町の大年寄    松山城下の大組頭・
        町年寄
   三 町人の負担 ………………………………………………………………………………………580
        宇和島城下町人の町役   松山城下町の年貢   松山城下町の役高
        松山城下町の町役   御用金   運上冥加
   四 町人生活の統制………………………………………………………………………………… 591
        町触   衣生活の統制   食生活の統制   その他の統制
 第二節 商業と金融 ……………………………………………………………………………………598
   一 流通機構の整備…………………………………………………………………………………598
        城下町商業の形成   商圏と在方商業    問屋・座の形成    桝お
        よび秤あらため    領外取引  松山城下商業の構造
   二 商品流通の進展…………………………………………………………………………………609
        米の流通   御米場所    米価の構造と変動   特産物の流通
        在方商業の進展   行商    領外交易の展開   文久4年三津浜入
        船帳
   三 金融の諸相………………………………………………………………………………………628
        近世金融の概説   家質場所    商業金融   頼母子
   四 貨幣流通の実態 …………………………………………………………………………………638
        米遣いと銀遣い   銭匁勘定の成立    札遣いの進展   松山藩札
        東予の藩札   南予の藩札
 第三節 手工業の発達と職人 ………………………………………………………………………… 654
   一 職人の生活 ………………………………………………………………………………………654
        職人仲間の形成   職人の支配    職人の賃金   大工職   紺屋
        株 鍛冶職人
   二 城下と職人町の形成…………………………………………………………………………… 665
        城下の職人   今治城下と職人    松山城下と職人町   大洲城下
        吉田陣屋町
   三 在町・郷村の職人…………………………………………………………………………………672
        村の職人   越智島の職人    在町と職人   職人の出稼ぎ

第七章 幕末の宇和島藩と諸藩の動向

 第一節 幕末の宇和島藩……………………………………………………………………………… 683
   一 伊達宗紀による文政改革の成功 ……………………………………………………………… 683
        伊達宗紀   殖産興業    小池九蔵と若松総兵衛   海岸防備と威
        遠流
   二 8代藩主伊達宗城と軍備の近代化 ………………………………………………………………690
        宗城の出自  異国船対策     威遠流の流布  蘭法兵式の導入
   三 洋学の積極的導入と藩校の改革 ……………………………………………………………… 695
        二宮敬作   楠本イネ    高野長英    村田蔵六  大野畠三郎と
        三瀬周三   松根図書と明倫館改革
   四 軍備の強化と安政の大地震………………………………………………………………………701
        黒船来航   軍艦雛形    前原巧山   樺崎砲台  安政の大地震
        コレラの流行
   五 安政の大獄と宗城の隠居 ……………………………………………………………………… 708
        日米修好通商条約と将軍後継者問題    宗城の昨夢記事  安政の
        大獄   宗城の隠居   吉見長左衛門    須藤段右衛門と林玖十郎
        隠居後の宗城
   六 9代藩主伊達宗徳と藩政改革……………………………………………………………………717
        宗徳の就封  天保録の購入と長崎物産方役所
   七 長州征討と宇和島藩…………………………………………………………………………… 720
        第1次長州征討   第2次長州征討
   八 パークスの宇和島訪問 ………………………………………………………………………… 723
        松根図書のパークス招請  パークス来訪       アーネスト=サトウ
 第二節 諸藩の動向……………………………………………………………………………………728
   一 伊予諸藩の海防と軍制の近代化 ………………………………………………………………728
        松山藩の江戸湾防備と海防  今治藩の海防と移城計画     大洲・
        新谷藩の農兵取立と海防
   二 幕末の政局と伊予諸藩の動き………………………………………………………………… 742
        松山藩と蛤御門の変   今治藩の動き     大洲・新谷藩と滞京召命
        の内勅   西条・小松藩の動向と沢宣嘉
   三 長州征討と伊予諸藩の出動…………………………………………………………………… 749
        第1次長州征討と伊予諸藩     第2次長州征討と松山藩の出兵
   四 大洲藩と「いろは丸」…………………………………………………………………………… 755
        いろは丸の購入と運航    海援隊への貸出し

第八章 版籍奉還と廃藩置県

 第一節 王政復古と戊辰戦争………………………………………………………………………… 761
   一 王政復古と諸藩 …………………………………………………………………………………761
        大政奉還   奉還と宇和島藩   王政復古のクーデター   王政復
        古と伊予諸藩
   二 戊辰戦争と諸藩の出兵 …………………………………………………………………………765
        開戦と江戸開城   東北・箱館戦争    宇和島藩と戊辰戦争   吉
        田藩   大洲・新谷藩の出兵   小松藩と西条藩    今治藩の奥州
        転戦   維新政権の樹立   新政府の基本方針   明治改元と遷都
   三 高知藩兵の進駐と支配 …………………………………………………………………………779
        松山藩の恭順   土佐藩兵の進駐   高知藩の支配   松山藩の赦
        免   川之江進駐   軍政下の川之江   川之江民政局の設置
        民政局の治政
   四 藩治職制の改革…………………………………………………………………………………791
        藩体制の変容   松山藩の改革   今治藩   大洲・宇和島藩
   五 領民の負担と動揺 ………………………………………………………………………………797
        献金・借入金の増加   夫役の負担   物価の騰貴    村方騒動の
        多発    〝ええじゃないか〟の波及
 第二節 版籍奉還と藩政改革………………………………………………………………………… 806
   一 版籍奉還 …………………………………………………………………………………………806
        政局の動き   版籍奉還   四国会議
   二 諸藩の藩政改革 …………………………………………………………………………………810
        奉還後の藩政改革   松山藩の改革   大洲・新谷藩   宇和島藩
        の改革   吉田藩の改革   小松・西条藩   今治藩の改革
   三 兵制の推移と改革……………………………………………………………………………… 826
        軍制の近代化   松山藩の兵制   川之江の民兵   今治藩の改革
        小松・西条藩    宇和島・吉田藩   大洲・新谷藩
   四 藩学の改革 ………………………………………………………………………………………834
        藩学の変化    藩学の拡充   庶民の教育
   五 士卒の禄制改革 …………………………………………………………………………………837
        家臣団の解体    版籍奉還後の改革   藩制後の改革   廃藩前後
        の改革
   六 村方の支配と取り締まり …………………………………………………………………………841
        旧制度の廃止    貧民救済と扶助   産業政策  村浦支配の強化
        郷中取り締まりの強化
 第三節 廃藩置県と新政…………………………………………………………………………………847
   一 廃藩置県と8県の成立 ……………………………………………………………………………847
        政局の転回   廃藩置県    幕領の推移    西条・小松県   今治
        県   松山県  大洲・新谷県    吉田・宇和島県
   二 廃藩置県と県民 ………………………………………………………………………………… 856
        文明開化策   神仏の分離    廃仏毀釈   県民の動揺
   三 藩債と藩札整理 ………………………………………………………………………………… 861
        金札の発行   川之江札     西条・小松県   今治・松山県   大
        洲・新谷県   宇和島・吉田県
   四 石鐵・神山県政と愛媛県………………………………………………………………………… 871
        石戴県の発足   石鐵県の開化策    石鐵県政   神山県の発足
        神山県政   愛媛県の成立


 愛媛県松山市堀之内(〒790-0007)
 Tel:089-993-6244(えひめ資料室)・089-941-1441(代)
  Fax:089-941-1454
kyodo@ehimetosyokan.jp