愛媛県立図書館

子ども見学ツアー レポート


*『こどもの読書週間記念行事 子ども見学ツアー』 
平成24年4月28日(金)14:00〜15:00に開催しました。

はじめまして、みきゃんです! @
これは、職員手作りの愛媛県イメージアップキャラクターの『みきゃん』です。
県立図書館にいる『みきゃん』は本を読んでいます。
この『みきゃん』は、愛媛県立図書館の名誉館長です。

そして、名誉館長として最初のお仕事が「子ども見学ツアー」の同行です。
これからツアーにおでかけです。 A
最初に、会議室で愛媛県立図書館の歴史や見学中の注意を聞きました。

参加してくれた小学生は9名。

名札もしっかり付けて、いざスタート!
     
普段見ることのない書庫を見学 B
まずは、地階にある館外編成室から見て回ります。
この部屋にある本は、公民館や市町の図書館、または学校の図書館にまとめて貸出する本です。

たくさんの本にみんなびっくり!

他にも、購入している雑誌の書庫や、製本に使う機械なども見ました。
閲覧室は静かに見学 C
続いて、1階の子ども読書室を見学します。
全員利用したことがありましたが、1万7千冊の本が並んでいると聞いて、驚いていました。

子ども読書室から、書庫へ入ります。
     
明治期の新聞を見ています D
これは書庫の様子。
県立図書館の書庫はちょっと変わっていて、建物の1・2階部分に1〜3層が、3・4階部分に4〜6層があります。
2層に保管してある愛媛新聞の前身、海南新聞の明治時代の新聞を見ました。
100年以上昔の新聞を見る機会、なかなかないですよね。
(普段も貴重な資料のため閲覧できません。代わりにマイクロフィルムを閲覧できます。)
なぜか書庫のリフトに興味津々
E
意外にも、子どもたちは書庫にある本専用のリフトに興味津々。
このリフトは、地下書庫から書庫6層までを移動して本を運んでくれます。
       
一般図書室も見学しました F
2階にある、古い文書の書庫を見た後は、将来利用する3階の一般図書室や4階のえひめ資料室を見ていきます。
土曜日なので、大人の利用者の方がたくさんいて、子どもたちもちょっぴり緊張。
調べものの邪魔をしてはいけないので、静かに素早く見学しました。
昔の県立図書館の写真も見ました G
4階のえひめ資料室にある展示ケースでは、昔の県立図書館の写真などが飾られています。
堀之内にできるまでは、今の松山市役所のあたりにあったそうです。

ここで、ツアーは終了です。
       
最後は職員が絵本を読みました H
約50分間の見学ツアーの後は、職員が絵本を読みました。
読んだ本は、『エリザベスは本の虫』
本が好きで好きでたまらない女の人の一生を描いた絵本です。
みんな静かに聞いてくれました。
みんなで記念写真 I
こうして、初めての「子ども見学ツアー」は無事終了しました。
予想以上に時間がかかって、見れなかった場所やできなかった説明もありましたが、普段は見ることのできない図書館の裏側を見たことで、子どもたちは楽しかったと言ってくれて職員一同ほっとしました。
みなさん、お疲れ様でした!
また遊びに来てくださいね。
みきゃんと一緒に待ってまーす!!
 
 図書館をもっと知ってもらうために企画した、この「子ども見学ツアー」。次の開催は夏休みの予定です。お楽しみに!



前のページに戻る / トップページ

愛媛県立図書館 子ども読書係
電話番号089-941-1441(代) ファックス089-941-1454
メールアドレスkodomo@ehimetosyokan.jp