写真展示(松山の移り変わり)
ロビー展示(地図、パンフレット等)
愛媛県立図書館バナー
展示

  
【4階 えひめ資料室】

坊っちゃん列車が走った街
~明治・大正・昭和の松山~


平成24年7月20日(金)から8月26日(日)まで

主 催:愛媛県歴史文化博物館 愛媛県立図書館


 
明治21(1888)年から昭和29(1954)年にかけて、明治・大正・昭和を走り続けた坊っちゃん列車。城下町から近代都市へと大きく変貌する松山、昭和20年7月の空襲により焼け野原となった松山、そして目ざましい戦後復興を遂げる松山、坊っちゃん列車はそれぞれの時代の街の姿を見守ってきました。
この度、愛媛県歴史文化博物館の特別展「GO GO TRAIN!」開催にあわせ愛媛県立図書館との連携事業として、坊っちゃん列車が走った明治・大正・昭和の松山の移り変わりを、写真パネル・地図・パンフレットなどによりご紹介します。
県立図書館の図書資料と県歴史文化博物館の歴史資料をあわせてご覧いただくことにより、ふるさとの歴史や文化に対する理解と関心を一層深めていただきたいと思います。本展示が、県歴史文化博物館・県立図書館へ足を運んでいただく契機となれば幸いです。



                     ****************************************************

 松山をもっと知りたい方のための図書

■■えひめ資料室内でご覧いただけます■■


松山関連図書 
  • 松山の歴史
     松山市史編集委員会 編集
     松山市役所 1989年発行 500円

    市制施行100年を記念して発行された『松山市史 全5巻』のダイジェスト版。古代から平成までの歴史を、時代を追って解説しています。
    <請求記号:K231~40>

    ※松山市教育委員会事務局文化財課で販売しています。
     松山市三番町6丁目6-1 松山市役所第四別館2階
     電話番号 089-948-6603
     FAX番号 089-931-6248



  • 風水都市松山の秘密
     土井中 照 著
     アトラス出版 2003年発行 950円

    加藤嘉明、蒲生忠知、久松松平家などの松山藩主たちは風水や陰陽道によって松山に結界を施した? 新たな視点から松山城と松山のまちづくりの歴史が見えてきます。
    <請求記号:K231~ドア~2003>


  • きょうの伊予弁 
     木藤 たかお、清水 史 著
     青葉図書 2002年発行 絶版

    松山のみならず愛媛の共通語とも言える(?)「伊予弁」の語彙を、実例と解説を交えて研究者、アナウンサーらで語りあっています。“春風がほこほこしているよう”な伊予弁の魅力をどうぞ。
    <請求記号:K800~キヨ~2002>


  • 松山文学案内
     鶴村 松一 著
     青葉図書 1982年発行 絶版

    松山市内のいろいろな地区をめぐりながら、ゆかりの詩歌や史跡を紹介しています。
    <請求記号:K910~13>


  • わすれかけの街 松山戦前戦後 新版
     池田 洋三著
     愛媛新聞社 2002年発行 2,940円

    松山市中心部のそれぞれの町の文化や著名な建物・人物にまつわる聞き書き、昭和14年頃の手書き地図、豊富な写真などにより、戦前戦後の人々の様子が活写されています。
    <請求記号:K293.1~イヨ~2002>


  • 「坂の上の雲」の松山を歩く
     愛媛新聞社 2009年発行 1,600円

    司馬遼太郎の長編歴史小説『坂の上の雲』の主人公、秋山好古・真之兄弟、正岡子規が生まれ育った松山に残る、『坂の上の雲』ゆかりの地を紹介するガイドブックです。
    <請求記号:K293.1~サカ~2009>


  • みんなのお城山 松山城
     内田 九州男 総監修
     愛媛新聞社 2002年発行 2,310円

    松山市の中心部である標高132mの勝山山頂に本丸があり、松山市民から「お城山」と呼ばれている松山城の魅力を、歴史や建築、自然、昔ばなしなどさまざまな面から紹介しています。
    <請求記号:K293.1~ミン~2002>


※ 価格は平成24年(2012年)7月時点の税込み価格です。



 このページについてのお問い合わせは
愛媛県立図書館図書整理係
電話089-941-1441
kyodo★libnet.ehimetosyokan.jp
(★印は@(半角)にしてください。)