愛媛県立図書館バナー
展示

  

渋谷のなかの愛媛
〜『天地明察』と伊予の江戸藩邸〜




9月15日より映画が全国公開される『天地明察』※(冲方丁・著 角川書店)の舞台のひとつ

金王八幡宮には西条藩士が奉納した算額が飾られています。

これは金王八幡宮がある渋谷に西条藩の江戸藩邸があったため奉納されたと考えられています。
 
渋谷区には西条藩と宇和島藩の二つの江戸藩邸があり、江戸と伊予とを繋ぐ拠点となっていました。

この展示では古文書研究の成果や現代の渋谷に残る名残などを手がかりに

ふたつの江戸藩邸の姿に迫ります。

 ※江戸時代、日本独自の太陰暦を作ることに生涯を賭けた渋川春海(安井算哲)の物語。
第31回(2010年)吉川英治文学新人賞、第7回(2010年)本屋大賞受賞。




1 主 催  愛媛県立図書館

2 協 力    渋谷区立渋谷図書館 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 渋谷区観光協会 松竹株式会社

3 期 間  平成24年9月1日(土)〜9月27日(木)終了しました

3 場 所  愛媛県立図書館 3階 一般図書室

4 内 容 (1)プロローグ 『天地明察』の舞台・金王八幡宮の算額から
               (2)西条藩の江戸藩邸
               (3)宇和島藩の江戸藩邸
               (4)エピローグ 変わりゆく渋谷
       ○主な展示物 発掘調査の成果、明治初期の写真、「伊達」の名残が伺える旧町名表示
                                   などの写真、和算や江戸藩邸の関連図書、渋谷区の観光パンフレットなど

   渋谷展の展示の様子 渋谷展の展示の様子

  渋谷展の展示の様子 渋谷展の展示の様子
                                                                    観光パンフレットは配布の予定枚数を終了しました。