愛媛県立図書館バナー



ミニ展示
 
  東日本大震災被災地のいまを知る
      〜女川町を中心に〜

終了しました

 愛媛県立図書館では、愛媛県社会福祉協議会が支援を担当している宮城県牡鹿郡女川町の現状を伝える展示を企画しました。被災の状況だけでなく、復興に向けて立ち上がった女川町の方々の姿もお伝えしようとしています。女川町をはじめとする被災地の方々の自立を支援するためになにができるのか。どのように行動すればいいのか。この展示がそれらを考えるきっかけとなれば幸いです。

1 主  催:愛媛県立図書館

2 協  力:愛媛県社会福祉協議会 宮城県大阪事務所 (有)コバルトーレ
        (有)梅丸新聞社 「続・三陸で生まれた月」(ブログ)

3 期  間:平成23年6月1日(水)〜6月29日(水)

4 場  所:愛媛県立図書館3階一般図書室

5 展示内容:
・被災前の女川町の概要を伝える観光パンフレット
     女川町の展示の様子

・女川町を中心とした被災地の現状を伝える写真(愛媛県社会福祉協議会提供)
     女川町の展示の様子

・町民によるミニコミ誌「うみねこタイムズ」、「リアスの戦士イーガープロジェクト」など復興に向けた取り組みの紹介
・被災地のためにできるさまざまな支援についての紹介
           女川町の展示の様子  

・女川町のサッカークラブチーム「コバルトーレ女川」の紹介(愛媛プロスポーツアーカイブズ)
           女川町の展示の様子  


【 関連リンク 】
女川町
愛媛県社会福祉協議会
宮城県災害ボランティアセンター
うみねこタイムズ
女川町商工会(イーガープロジェクト)
女川さいがいFM
コバルトーレ女川
ブログ「三陸で生まれた月
 
現在は「続・三陸で生まれた月 〜このままでは終われない〜」に移行
女川に元気を送る会


このページについてのお問い合わせは
愛媛県立図書館相談係
電話089-941-1441



前のページに戻る / トップページ