井伏 鱒二/著 -- 筑摩書房 -- 1997.5 -- 918.68

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
3階公開Map  918.68-イマ3-1997 5103027634 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 井伏鱒二全集 
巻次 第3巻
著者 井伏 鱒二/著 
出版地 東京
出版者 筑摩書房
出版年 1997.5
ページ数 673p
大きさ 22cm
内容注記 内容:仕事部屋 でつかい女 ばかぞろひ 舟橋聖一氏月旦 赤毛の女 そして美貌だつたら 戸田家畜病院 凡人浄土の人々 自分への吟味 森鷗外氏に詫びる件 屋上の漂流人 二軒の小売商人が派手な暮らしをする話 青い海 或る女給の饒舌 私の愛好する島や港 方向・方針 奇蹟 川 平井美奈子夫人 鞆ノ津所見 文学・講義・私・友人・幼な児 三人の俳優 秋祭を待つ子供たち 病気 広い原つぱ ほか70編
NDC分類(10版) 918.68
NDC分類(9版) 918.68
ISBN 4-480-70333-0   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
仕事部屋     5-128
でつかい女     129-133
ばかぞろひ フランスの昔話    134-139
舟橋聖一氏月旦     140-142
赤毛の女 石地蔵が百里も歩いたといふ童話    143-149
そして美貌だつたら     150-152
戸田家畜病院     153-165
凡人浄土の人々     166-167
自分への吟味     168-170
森鷗外氏に詫びる件     171-175
屋上の漂流人     176-177
二軒の小売商人が派手な暮らしをする話     178-180
青い海     181-186
或る女給の饒舌     187-191
私の愛好する島や港     192-194
方向・方針     195-196
奇蹟     197-202
川     203-242
平井美奈子夫人     243-247
鞆ノ津所見     248-251
文学・講義・私・友人・幼な児     252-258
三人の俳優     259-272
秋祭を待つ子供たち 福山    273-275
病気     276-277
広い原つぱ     278-283
佐藤春夫氏のこと     284-285
さゝやかな追憶     286
A五号室患者日記     287-299
黒い胸像     300-302
「作品」のこと     303-304
酒     305-320
放送局の面貌     321-325
古着市場探訪記     326-328
横光利一氏の挿話     329-331
角帽の色 早稲田    332-335
寝る前のとき     336
子供のときのこと     337-338
鳩時計     339-401
酒場街風景     402-403
遠来の客     404-407
旧作のこと     408-409
湘南風景     410-413
菅平高原への御案内記     414-416
文章・描写・表現     417-418
荒廃の風景     419-424
大阪散策     425-428
気のすゝまない結婚     429-430
残りすくない青春     431-436
ボタ山の見える病院     437-443
結婚報告狂の女     444-446
青【バク】玕     447-452
大鳳のやうな宇野浩二クン     453-454
野球愛好の図     455-456
新緑     457-460
微弱なる心痛     461-475
隣人     476-479
五日間     480-482
小説と作中人物     483-486
広津和郎     487-488
挿絵の感想     489-492
をんな     493-494
日本漂民     495-506
客人     507-516
眠れない夜     517-527
森鷗外論     528-533
四十雀     534-535
朝     536-538
文学愛好の一老女 或ひはイズム奇譚    539-543
ハーシン先生     544-561
佐藤春夫     562-566
「途上」の作者     567-570
戸山学校の森     571-575
因ノ島 瀬戸内海の旅    576-581
車内での手もちぶさた     582-584
高円寺スケツチ 高円寺風景    585-588
早稲田書店街     589-590
凄い男     591-599
人間孤独の図     600-610
疑似女性相談     611-613
霧の夜     614-618
作者の言葉<「仕事部屋」>     621
読了直後のとき     622-623
小林秀雄著『文芸評論』     624
「書方草紙」を読む     625
一月の作品‐一人一作評     626-627
一人一評     628-629
梶井君の逝去     630
埋草断鈔     631
堀辰雄氏     632
南窗集の出版     633-634
<自序><『川』>     635
「川」の出版     636-637
小林秀雄氏著「続文芸評論」     638
筆を執つた時の気持     639
アンケート     640-646