久保田 淳/編 -- 岩波書店 -- 1998.1 -- 910.2

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫32 Map  N02-80- 5103316373 一般   利用可

資料詳細

タイトル 日本古典文学紀行  
著者 久保田 淳 /編  
出版地 東京
出版者 岩波書店
出版年 1998.1
ページ数 277p
大きさ 20cm
一般件名 文学地理-日本
NDC分類(9版) 910.2
NDC分類(8版) 910.2
ISBN 4-00-001743-8
内容紹介 「古事記」から「浮世風呂」まで、日本の古典文学の作品と関わりの深い全国47か所を、その土地に思い入れの深い研究者が気の向くまま、時には露路の細道にも入り込んで語った紀行案内。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
平安の夢の興亡・二条通   加納 重文/著   7-11
まことに花の都ぞと・四条通   山路 興造/著   12-17
下京の紐帯・五条通   北川 忠彦/著   18-23
西風競わず・島原   矢野 貫一/著   24-29
時うつりことさりて・伏見   大谷 篤蔵/著   30-34
穂波につづく淀の河水・鳥羽   田中 裕/著   35-40
恋の終りに身を変えて・深草の里   生沢 喜美恵/著   41-45
いさよふ波の行方知らずも・宇治   石原 昭平/著   46-51
離宮・山荘・寺院・陵墓・嵯峨   秋本 守英/著   52-56
神代のことも思ひ出づらめ・大原野   美濃部 重克/著   57-62
遊宴・風趣の河畔・大堰・桂   小山 利彦/著   63-68
新町の揚屋にてあそびたし・新町   肥田 晧三/著   71-75
大阪天満宮と連歌・大阪天満宮   島津 忠夫/著   76-79
岸の姫松・浜に恋忘貝・住之江・住吉   増田 繁夫/著   80-85
極楽浄土の東門は・天王寺   阿部 泰郎/著   86-91
くまもなき月の・江口   和田 克司/著   92-96
一日に千両が落ちる町・日本橋・本町二丁町   花咲 一男/著   99-105
浅草は江戸第一の盛り場・浅草   佐藤 要人/著   106-110
開放的な鎖された町・吉原   向井 信夫/著   111-115
江戸のウォーターフロント・両国   粕谷 宏紀/著   116-120
深川の気風と風情・深川   横浜 文孝/著   121-125
含む矢立の墨田川・隅田川   久保田 淳/著   126-130
雷丘余聞・飛鳥藤原(大和)   和田 萃/著   133-139
よき人のよしとよく見て・吉野山(大和)   小町谷 照彦/著   140-145
こもりくの初瀬・長谷寺・初瀬(大和)   高橋 亨/著   146-150
信太の森の葛と楠・信太の森(和泉)   片桐 洋一/著   151-155
蟻通の普遍と個別・蟻通(和泉)   広田 哲通/著   156-160
かかる所の秋なりけり・須磨・明石(摂津)   野中 春水/著   161-166
ゆくもとまるも・逢坂(近江)   徳江 元正/著   167-171
東西のちまた、さざ波きよき渚なり・湖南(近江)   越智 美登子/著   172-177
境界としての大江山・大江山(丹波)   松岡 心平/著   178-182
天に通い常世に向かう国・丹後   小林 一彦/著   183-187
三代の跡ある浜千鳥・和歌の浦(紀伊)   久保田 淳/著   188-193
人まねのくまのもうで・熊野三山(紀伊)   豊島 修/著   194-200
神風の伊勢の国・伊勢   久保田 淳/著   201-206
松山の波にながれてこし舟の・白峰(讃岐)   佐藤 恒雄/著   207-212
八嶋には隙ゆく駒の足はやくして・屋島・志度(讃岐)   武久 堅/著   213-218
聖なる地・足摺・足摺(土佐)   菊池 政和/著   219-223
斎き祀る神の島・厳島(安芸)   増田 欣/著   224-229
菅公、昔の跡・大宰府   川添 昭二/著   230-235
みづはくむ桧垣の嫗・白川(肥後)   森 正人/著   236-240
遠流の島・隠岐   目崎 徳衛/著   241-245
神の領する山・亡者に会える山・立山(越中)   林 雅彦/著   246-251
袋の中に物を入れたるやうに・鎌倉(相模)   大三輪 竜彦/著   252-258
けふ白河の関は越えぬと・白河の関(陸奥)   佐佐木 忠慧/著   259-264
武隈の松は二木を・武隈の松(陸奥)   寺島 恒世/著   265-269
火の山富士と田児の浦・富士山(駿河)   高橋 良雄/著   270-274