竹村 和子/編 -- 作品社 -- 2003.8 -- 367.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫31 Map  367.1-ポス-2003 5105105683 一般   利用可

資料詳細

タイトル “ポスト”フェミニズム  
著者 竹村 和子 /編  
叢書名 思想読本  10
出版地 東京
出版者 作品社
出版年 2003.8
ページ数 226p
大きさ 21cm
一般件名 女性問題
NDC分類(9版) 367.1
NDC分類(8版) 367.2
ISBN 4-87893-546-4
内容紹介 理論的な先鋭化・深化を進める「ポスト」フェミニズムは、激動する世界・日本の課題にいかに挑戦しているか。ポストフェミニズム理論初の本格的入門書。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
なぜ“ポスト”フェミニズムなのか?   竹村 和子/著   1-5
“ポスト”フェミニズム「理論」は何を切り拓くのか?   河口 和也/ほか座談   6-31
法の欲望とポストファミリー   南野 佳代/著   34-38
主体と欲望の「自由」   河口 和也/著   39-43
なぜマルクスとフロイトは、構築主義者ではないのか   田崎 英明/著   44-48
歴史の言説と身体論の現在   荻野 美穂/著   49-53
性殖医学と女・からだ   柘植 あづみ/著   56-60
生殖技術と「公共の利益」のポリティクス   松原 洋子/著   61-65
トランスジェンダーと性別と医療   東 優子/著   66-70
摂食障害とジェンダー革命   浅野 千恵/著   71-75
近代国民国家とフェミニズム   牟田 和恵/著   78-82
ハーレムの少女とポストコロニアルのアイデンティティ   岡 真理/著   83-88
語る女の植民地・語りえぬ物語   上野 直子/著   89-93
アジアNIEsのジェンダー・レジームと外国人家事労働者   伊藤 るり/著   94-98
予めの排除と内なる排除   足立 真理子/著   99-104
「いまを生きる」“ポスト”フェミニズム理論   竹村 和子/著   105-117
正義論の限界とグローバル・フェミニズムの可能性   岡野 八代/著   120-124
バックラッシュ(再領域化)の政治と暴力   土佐 弘之/著   125-129
市民生活における暴力論   戒能 民江/著   130-134
ネオリベラリズムとフェミニズム   千田 有紀/著   135-139
男女参画の攻防   大沢 真理/ほか討論   142-156
親密圏の政治学   風間 孝/ほか討論   157-177
〈主要理論家・文献〉〈キイワード〉解説     178-222