山田 美妙/[著],『山田美妙集』編集委員会/編 -- 臨川書店 -- 2015.4 -- 918.68

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫32Map  918.68-ヤビ10-2015 5105746516 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 山田美妙集 
巻次 第10巻
各巻書名 評論・随筆
著者 山田 美妙/[著],『山田美妙集』編集委員会/編 
出版地 京都
出版者 臨川書店
出版年 2015.4
ページ数 530p
大きさ 22cm
内容注記 内容:大偉人加藤清正公 嵩山堂発兌美術木板摺 都門雑興の内 美術世界第十五放言 小説家番附の噂 「藤の一本」と「落葉」 社交一斑 障子の硝子を拭ふ心得 月花見立て 『美妙新脚本 村上義光錦旗風』口上 『美妙新脚本 村上義光錦旗風』檄に代へる緒言 流行に就て 梨園の内秘 芝居者の御幣 『日本浄瑠璃叢書 巻一』緒言 流行新煙草入 流行の小唄 江島鎌倉づぶぬれ日記 新流行巾着形の新烟草入れ 京地の風俗 婦人化粧の巻 化粧の秘伝並に評 しつかり持て 大葬襍記 京都特電 ほか189編
NDC分類(10版) 918.68
NDC分類(9版) 918.68
ISBN 4-653-04140-5   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
ISBN(新) 978-4-653-04140-5
内容紹介 小説、新体詩、評論、随筆、演劇脚本、言語研究、日記、書簡など、多岐にわたる山田美妙の業績を収録する著作集。第10巻は1892年〜1910年の評論、随筆、序文、雑文類を、年代順に収載。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
大偉人加藤清正公     3-4
嵩山堂発兌美術木板摺     5
都門雑興の内     5-20
美術世界第十五放言     20-21
小説家番附の噂     21-23
「藤の一本」と「落葉」     23-24
社交一斑     24-25
障子の硝子を拭ふ心得     26
月花見立て     27
『美妙新脚本 村上義光錦旗風』口上     27-28
『美妙新脚本 村上義光錦旗風』檄に代へる緒言     28-30
流行に就て     31-32
梨園の内秘     32-50
芝居者の御幣     50-52
『日本浄瑠璃叢書 巻一』緒言     52-53
流行新煙草入     53-54
流行の小唄     55-56
江島鎌倉づぶぬれ日記     56-61
新流行巾着形の新烟草入れ     61-63
京地の風俗     64-66
婦人化粧の巻     66-68
化粧の秘伝並に評     69-71
しつかり持て     71-72
大葬襍記     73-101
京都特電     101-102
『小説 俠男児』はしがき     102-103
はやりの花     103-105
玩弄火輪船製造法 理科遊戯    105-110
再び玩弄火輪船に就て 理科遊戯    110-113
『日本浄瑠璃叢書 評註近松著作集』緒言     113
金言解     113-129
異語同義漢字解     130-143
社会瞥見     143-155
建具と額面 室内装飾法の内    155-157
夏の花     158-159
盆石及び盆栽     160-166
和歌革新の機 新調の和歌    166-173
『美人詞林 衣香扇影』はしがき     173-174
『断腸録』はしがき     175
『仏教格言集』緒言     175
英雄のおもかげ     175-185
三動物の特質     185-200
化粧と服装     200-239
王子附近     239-244
簡便薬品     244-246
幼年雑笑     246-248
滝の川の紅葉と江戸時代風俗人形     248-250
「言文一致普通文」の批評     251
駒が嶽の危難     251-255
寓言蜘蛛の巣     255-259
『慨世志士 女装の探偵』はしがき     260
『慨世志士 女装の探偵後編』はしがき     260
『明治社交礼式』はしがき     261
『政治小説 桃色絹』はしがき     261-262
『小説 人鬼』はしがき     262
『小説 人鬼』さしゑに題して     263
『小説 人鬼』おくがき     263
『評釈博多小女郎浪枕』はしがき     263-264
大阪市歌応募について     264-266
『小説 漁隊の遠征』はしがき     267
放談ペストの鼠 附韻文    267-268
無紋の時代 紋つきの衰運    268-273
放談虎変豹変     273-274
手袋の流行     274-281
ポンチ絵の取締     282-290
読書嫌ひ     290-291
書きあつめ     291-292
書きあつめ     292-293
冷淡なる読書     293-294
公使大使     294-295
拙劣文字 坪内文学博士校閲の銘有る    295-323
読書嫌ひの結果     323-324
ゐなかぶり二則     324-325
和歌壇の薬石     326-327
雑筆汽車の日々     327-331
『御婦人殿下』緒言     331
批評家の徳義     332-333
新刊小言     333-337
時代物の掲載について     337
金忠輔 愈々明後十三日から掲載の時代物    337-338
店頭の時計     338-339
尾崎紅葉君へ     339-341
有害なる玩具     341-342
同情の欠乏 其一例    342-343
家庭に於ける平等主義     343-344
汽車中の読書家     344-346
小品 草市の老女     346-347
噫釣堀     347-349
活地蔵 王子村の縁日    349-351
放談吁後家、吁不幸     351-352
新小説羽抜鳥予告     352-353
『血の涙』巻頭言・献辞     353-354
琵琶の遠音 時代もの 其1 小品    354-358
義士復讐事件     359-361
『小説 金忠輔』はしがき     361
『征露戦歌 民の声』はしがき     361-362
人中の婦人 漫筆    362-363
一刻の瞥見     363-364
戦争雑話剣弾余響     364-379
紅葉子追憶の記     379-388
紅葉子の幼時     388-392
六千号祝賀     393
清風簞     394
日本婦人今後の服装     395-399
一顆涼     399-400
文壇諸名家雅号の由来     400
史論平維盛     400-403
『不如婦之詩』はしがき     404
<作中に現れたる女性>浜路     404
故人と僕     404-406
招涼珠     406-407
二葉亭四迷君     407-410
『滑稽妙な術』はしがき     410-411
『滑稽妙な水』はしがき     412
一滴露     412-426
『諷刺文学 ふたり女』序     426
『史外史伝 平重衡』はしがき     426-427
『諷刺文学 妙な依頼』はしがき     427
批評  第7号   428-430
批評  第8号   430-437
批評  第9号   437-439
学海居士里見八犬伝批評の第一    
批評  第10号   439-442
学海居士里見八犬伝批評の批評第二    
みなれざを    
一喜一憂捨小舟    
批評  第13号   443-447
明治唱歌第一集中央堂発兌    
藪の鶯    
本郷W、S生に    
一寸申訳    
近刊批評  第15号   448-450
自由鏡初編    
今世ひめかゞみ    
婦人言論の自由。    
夏木たち    
近刊批評  第16号   450-452
文覚上人勧進帳    
新婦人    
君子と淑女    
新刊批評  第17号   452-453
新文学誌    
文明の母    
晃山記遊    
情    
都の花と小説華錦及びこがね    
女学雑誌の舞踏論    
近刊批評  第18号   454-456
政党美談淑女の操    
三婦人雑誌の世評    
文芸美術  第19号   456-457
枕の草紙まなびがき    
近刊批評  第19号   457-458
新刊著作一口評    
文芸美術  第20号   459-460
源氏物語まなびがき桐つぼの条    
批評  第21号   461-462
明治唱歌第二集及び幼稚の曲第一集    
産科婦人科研究会月報第一号    
美術園    
文芸美術  第22号   462-463
口画の解    
批評  第24号   463-464
山間の名花    
批評  第25号   464
新編紫史第二編    
立志美談    
批評  第27号   465
女子の務    
はゝのつとめ    
辞書に無い解釈    
雑纂  第30号   465-468
今日の婦人の覚悟    
裸体人の画    
文学評論しがらみ草紙    
真理    
別に注意すべきもの    
婦人世界    
国華批評の一    
雑纂  第31号   468-470
国華批評の二 三十号つゞき   
雑纂  第37号   470-473
饗庭篁村氏ふたゝび筆を新聞社に執る    
日本文学史に小説を省く    
国民の友の新年附録    
喪服の色    
帽子を去る礼    
ちやアれす二世の滑稽    
廃娼論    
或人の辞世    
露伴子の《毒朱唇》    
仏国のどうで氏    
新流行の頭巾    
雑纂  第38号   474-477
国民の友の新年附録    
最も長い言葉    
西洋状袋の起原    
てにずん詩老の近作    
国の花    
雨の予察    
無言の物がたり    
雑纂  第39号   477-480
文学極衰?    
日本の新詩壇    
小説朱欒に怨みが    
雑纂  第41〜43、45号   480-485
日本陶器小史    
文芸美術  第44号   486-487
俗曲改良家の意見    
莟の花 一名 小学校    487-495
文学小言  第80号   495-496
美と醜    
艶魔伝    
詩、酒、風流