淡路 剛久/編,吉村 良一/編,除本 理史/編 -- 日本評論社 -- 2015.5 -- 369.36

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫31Map  369.36-フク-2015 5105752999 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 福島原発事故賠償の研究 
著者 淡路 剛久/編,吉村 良一/編,除本 理史/編 
出版地 東京
出版者 日本評論社
出版年 2015.5
ページ数 6,328p
大きさ 21cm
一般件名 福島第一原子力発電所事故(2011),損害賠償
NDC分類(10版) 369.36
NDC分類(9版) 369.36
ISBN 4-535-52093-6   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
ISBN(新) 978-4-535-52093-6
内容紹介 東日本大震災を契機に福島第一原子力発電所で深刻な事故が起こってから4年。全国各地で多数の被害者救済訴訟が提訴されている。深刻な被害を救済するための新たな損害賠償法理を模索する。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
福島第一原発事故が損害賠償法に投げかけた課題 各章の解題をかねて  淡路 剛久/著   1-10
「包括的生活利益」の侵害と損害   淡路 剛久/著   11-27
被害の包括的把握に向けて   除本 理史/著   28-42
責任根拠に関する理論的検討   大坂 恵里/著   43-54
大津波の予見は可能だった   山添 拓/著   55-67
原発事故・原子力安全規制と国家賠償責任   下山 憲治/著   68-88
国の責任をめぐる裁判上の争点   中野 直樹/著   89-100
福島原発賠償に関する中間指針等を踏まえた損害賠償法理の構築   潮見 佳男/著   101-122
避難者に対する慰謝料   吉村 良一/著   123-139
原子力発電所の事故と居住目的の不動産に生じた損害 物的損害の損害額算定に関する一考察  窪田 充見/著   140-156
福島原発爆発事故による営業損害(間接損害)の賠償について   吉田 邦彦/著   157-174
「風評被害」の賠償   渡邉 知行/著   175-188
避難者の「ふるさとの喪失」は償われているか   除本 理史/著   189-209
「自主的避難者(区域外避難者)」と「滞在者」の損害   吉村 良一/著   210-226
除染の問題点と課題   礒野 弥生/著   227-240
民事訴訟における除染請求について 原状回復との関連で  神戸 秀彦/著   241-255
原発ADRの現状と課題   高瀬 雅男/著   256-270
ADR和解の現状と課題 精神的損害、財物損害に関して  小海 範亮/著   271-285
福島第一原発事故に関わるアンケート調査結果からみる被害の実態   高木 竜輔/著   286-296
原発事故に係わる被害の認知 浪江町住民調査の結果から  和田 仁孝/著   297-306
原発事故賠償をめぐる訴訟の概要   米倉 勉/著   307-315
福島原発事故に関する集団訴訟各地の提訴状況のまとめ     316-326