クラウディア・パヴレンカ/編著,藤井 政則/訳 -- 晃洋書房 -- 2016.4 -- 780.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫51 Map  780.1-パク-2016 5106013765 一般   利用可

資料詳細

タイトル スポーツ倫理学の射程  
副タイトル ドーピングからフェアネスへ
著者 クラウディア・パヴレンカ /編著, 藤井 政則 /訳  
叢書名 阪南大学翻訳叢書  25
出版地 京都
出版者 晃洋書房
出版年 2016.4
ページ数 4,231p
大きさ 22cm
一般件名 スポーツ
NDC分類(9版) 780.1
NDC分類(8版) 780.1
ISBN 4-7710-2755-8
ISBN(新) 978-4-7710-2755-8
内容紹介 ドイツ国内で初めて出版された本格的なスポーツ倫理学の研究書を翻訳。スポーツにとって本質的な問題でもあるルールとフェアネスとドーピングについて、ドイツ国内外の研究者たちが論じる。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
序文   クラウディア・パヴレンカ/著   1-27
ドーピング 倫理的観点  ディートマール・ミート/著   31-46
倫理多元主義が描くドーピングスポーツ   エックハルト・マインベルク/著   47-65
ドーピング-スポーツの堕罪 懐疑的見解  バーバラ・レンシュ=トリル/著   66-78
ドーピングルールとゲームルール   フランス・デ・ヴァッチャー/著   79-92
倫理学と偽善とドーピング   ハイナー・ハステット/著   93-107
ドーピングは如何に非自然的なのか? 経験の積み重ねと能力向上に対しての人間学的・倫理学的反省  ベルンハルト・イルガング/著   108-125
自然性と人為性の緊張関係に在るスポーツのドーピング   クラウディア・パヴレンカ/著   126-148
遺伝子ドーピングは目前に? 遺伝学とスポーツの関係についての考察  スベン・ギュルデンペェニヒ/著   149-160
競技のフェアネスと協同のモラルおよび現在の構造化したジレンマ   ハンス・レンク/著   163-184
スポーツにおける正義の基本的要素   コンラート・オット/著   185-207
身体とのフェアな交わりとは何か?   フォルカー・カイザ/著   208-228