J.A.シュモル=アイゼンヴェルト/[ほか]編著,種村 季弘/監訳 -- 平凡社 -- 1994.8 -- 702.3

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫51Map  702.3-66- 5101562651 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 世紀末 
副タイトル 論集
著者 J.A.シュモル=アイゼンヴェルト/[ほか]編著,種村 季弘/監訳 
出版地 東京
出版者 平凡社
出版年 1994.8
ページ数 906p 図版58p
大きさ 22cm
一般件名 美術-歴史-近代,ドイツ文学-歴史
NDC分類(10版) 702.3
NDC分類(9版) 702.3
ISBN 4-582-33316-8   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
内容紹介 19世紀末、フランスで成立し、生活のあらゆる領域、多くの国々へ拡がっていった「世紀末」の概念について、スイス、ベルギーからスカンジナヴィアまで広範囲をとり上げ、美術・文芸を中心に各論する。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
世紀末   フリッツ・シャルク/著   14-28
「芸術のための芸術」とは何か   エックハルト・ヘフトリヒ/著   29-45
終末と発端としての世紀末   ヴォルフディートリヒ・ラッシュ/著   46-72
文化は死滅しうる   ヴァルター・ヴィオーラ/著   73-98
脱境界   ヘルムート・コープマン/著   99-123
デカダンスと変質   イェンス・マルテ・フィッシャー/著   124-148
世紀末の批評家としてのカール・クラウス   ヘルムート・アルンツェン/著   149-165
アロイス・リーグルと世紀末の自律芸術史の成立   ヴィリバルト・ザウアーレンダー/著   166-181
レオナルド崇拝とジョルジョーネ崇拝   エードゥアルト・ヒュッティンガー/著   182-210
マニエラ・グランデ   レア・リッター=サンティーニ/著   211-249
バロックの再来と審美主義の終焉   ローガー・バウアー/著   250-267
冒険小説とデカダンス   ロータル・ヘーニヒハウゼン/著   268-299
ロマンス語散文作品に見られるラファエル前派的女性像   ハンス・ヒンターホイザー/著   300-341
ベルギーとオランダの象徴主義   H.L.C.ヤッフェ/著   342-356
ポーランド絵画における象徴主義の諸問題   ヴワディスワヴァ・ヤヴォルスカ/著   357-377
パリのスイス・サンボリストたち   ハンス・A・リュティ/著   378-390
スカンディナヴィア諸国の象徴主義   ラルス・オロフ・ラルソン/著   391-409
秘義学と近代芸術   F・W・フィッシャー/著   410-445
一九〇〇年前後の文学におけるキリスト像   ヘルムート・ショイアー/著   446-472
キリストを描いた一九〇〇年前後の美術   J・A・シュモル=アイゼンヴェルト/著   473-494
世紀末抒情詩における贅美な=えりすぐりの物質に対する偏愛   ハイデ・アイラート/著   495-516
世紀末文学に描かれた性愛の魔力化   ホルスト・フリッツ/著   517-547
詩人集団としてのゲオルゲ派   カールハンス・クルンカー/著   548-563
薔薇の園の前衛たち   グンター・マルテンス/著   564-591
フーゴー・フォン・ホーフマンスタールとアジア   ハルトムート・ツェリンスキー/著   592-657
社会の典型としてのアウトサイダー   ヴォルフガング・クッテンコイラー/著   658-687
トーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』   ヘルムート・シャンツェ/著   688-703
表層の文化   レナーテ・ヴェルナー/著   704-737