小林 千草/著 -- 光文社 -- 2007.7 -- 814.9

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫52Map  814.9-コチ-2007 5105298058 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 女ことばはどこへ消えたか? 
著者 小林 千草/著 
叢書名 光文社新書  310
出版地 東京
出版者 光文社
出版年 2007.7
ページ数 341p
大きさ 18cm
一般件名 女性語
NDC分類(10版) 814.9
NDC分類(9版) 814.9
ISBN 4-334-03411-5   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
ISBN(新) 978-4-334-03411-5
内容紹介 1908年の「三四郎」、江戸の女たちのおしゃべりを綴る「浮世風呂」、室町時代の女房ことばの工夫など、女性たちは何を伝えようとしたのか、それらを表すことばはどう変化し受け継がれていくのかを、時代を遡り検証する。