苅谷 剛彦/編,本田 由紀/編 -- 東京大学出版会 -- 2010.3 -- 377.9

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
書庫31Map  377.9-ダイ-2010 5105424308 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 大卒就職の社会学 
副タイトル データからみる変化
著者 苅谷 剛彦/編,本田 由紀/編 
出版地 東京
出版者 東京大学出版会
出版年 2010.3
ページ数 10,230p
大きさ 22cm
一般件名 学生,就職,社会学
NDC分類(10版) 377.95
NDC分類(9版) 377.9
ISBN 4-13-051131-5   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
ISBN(新) 978-4-13-051131-5
内容紹介 大卒就職の過程と帰結はいかなる変貌を遂げたのか、あるいは何が変わっていないのか。1980年代末から2000年代初頭にかけての大卒就職の変容過程を、実態調査データに基づき客観的に描き出す。

内容一覧

タイトル 著者名 件名 ページ
大卒就職の何が問題なのか 歴史的・理論的検討  苅谷 剛彦/著   1-26
日本の大卒就職の特殊性を問い直す QOL問題に着目して  本田 由紀/著   27-59
大卒就職機会に関する諸仮説の検討   平沢 和司/著   61-85
1990年代以降の大卒労働市場 就職活動の3時点比較  濱中 義隆/著   87-105
中堅女子大生の就職活動プロセス 活動期間と内定獲得時期の規定要因  筒井 美紀/著   107-128
大学就職部の斡旋機能とその効果   大島 真夫/著   129-150
「OB・OG訪問」とは何だったのか 90年代初期の大卒就職と現代  中村 高康/著   151-169
「自己分析」を分析する 就職情報誌に見るその変容過程  香川 めい/著   171-197
なぜ企業の採用基準は不明確になるのか 大卒事務系総合職の面接に着目して  小山 治/著   199-222