橋本 明子/[著],山岡 由美/訳 -- みすず書房 -- 2017.7 -- 210.76

所蔵

所蔵は1 件です。現在の予約件数は0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 貸出区分 状態 備考
3階公開Map  210.76-ハア-2017 5105885876 一般   利用可 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 日本の長い戦後 
副タイトル 敗戦の記憶・トラウマはどう語り継がれているか
著者 橋本 明子/[著],山岡 由美/訳 
出版地 東京
出版者 みすず書房
出版年 2017.7
ページ数 12,200,56p
大きさ 20cm
一般件名 日本-歴史-昭和時代(1945年以後),日本-歴史-平成時代,太平洋戦争(1941〜1945)
NDC分類(10版) 210.76
NDC分類(9版) 210.76
ISBN 4-622-08621-5   国立国会図書館   カーリル   GoogleBooks   WebcatPlus
ISBN(新) 978-4-622-08621-5
内容紹介 国民それぞれが敗戦に与える意味や解釈の違いが、なぜそのまま戦争の記憶を分断し、混沌とした敗戦の文化をつくるのか。アメリカで教える気鋭の社会学者が比較文化の視点から、日本の「敗戦の文化」を考察する。